お茶の時間

羊執事さん初登場

投稿日:2017年3月18日 更新日:


皆さま、こんにちは。さて、このブログは「マダム・エミーと羊執事の悶々文章修行」というタイトルなのですが、今までマダムばかりが話を進めてきまして、皆さまは「羊ってどこ?」とお感じかもしれませんね。

(ノック・ノック)
どうそお入りになって……

ということで、今日は初めて、羊執事さんの登場ですわ!

失礼いたします。
羊さんは、デジタル音痴のマダムのために、たまぁにイラつきながらも、裏方サポートを全て行って下さっているのです。ああ、ありがたや。その上、「おもしろ~!」だの「お上手でございます。」など、折に触れて励ましてくれるので、本当にありがたい存在なのです。
あ〜、いえいえ恐縮に存じます。私ごときができるお手伝いなどたかが知れております。私めといたしましては裏方として最初にマダムの文章が読めることが楽しみなのでございます。
今日は、羊さんにもたくさん語っていただきましょうね。私も楽しみにしておりますわ。まずは「羊執事って誰?」というところからお話しいただきましょうか。
はい。わたくし羊は、もちろん実在しておりまして、マダムの創作キャラクターとかではありません。何やってるヒト、と尋ねられるとちょっと一口では言い辛いと申しますか、色々なことを生業としておりますが、たまたま昔、編集者という仕事にも就いた経験がございまして、そういったことからも、常々マダムが書かれている物を拝読いたしまして、「これは!」と思いました次第です。
これまで2篇ほどの題材で、書いては直ししてきましたが、羊さんから見てどんな印象なのかしら?
羊めは裏方ですので何ごとも控え目にいたしたいと思いますが、正直に申しますと期待しておりました以上に読み応えがあり、「やっぱり自分の目に間違いはなかった」などと自画自賛的にほくそ笑んでいる次第でございます。それに、筆の早さにも驚きました。とは言え、最初から飛ばしすぎて途中で息切れなさらないようにと、ちと心配な点がないわけではありません。ともかく無理せず、楽しみながらお書きになって、羊めも楽しませていただければ本望でございます。
まあ! 無口な羊さんがこんなに話してくれて、嬉しいですわ! 普段、黙々と働いていらっしゃるので、何考えていらっしゃるのかしらん?と思っておりましたが、楽しんでくれていたのですね。しかも、心配もしてくれているとは(涙)! これからも、のんびり楽しく書いていこうと思いますので、皆さまどうぞよろしくお願いいたします。ところで、このブログの一番下の目立たない所に「お問合せ」のボタンがありますの。感想や質問などありましたら、どうぞこちらをご利用くださいね。
羊からも、くれぐれもマダム・エミーを宜しくお願い申し上げます、とご挨拶かたがた、本日はこれにて失礼つかまつります。
▼人気ブログランキングに参加しました。クリックして応援いただけますと、とても励みになります!

follow us in feedly

-お茶の時間

Translate »

Copyright© マダム・エミーと羊執事の悶々文章修行 , 2017 AllRights Reserved.